銀座カラー施術当日の剃り残しに注意

MENU

銀座カラー施術当日の剃り残しに注意

銀座カラー施術当日の剃り残しに注意

銀座カラーに無駄への脱毛予約を入れたら、前位の日までには脱毛をするパーツのムダ毛を剃っておきます。予約をした日にサロンで剃り残しが発見された時には、その部分を省いての光照射のお手入れになります。

 

サロンの店舗での有料によるスタッフシェービングサービスは、行ってはいないサロンだからです。顔や腕などでありましたら、自分でも十分にシェービングをするにも行き届く範囲です。でももっと複雑なパーツであったり、自分での確認が難しいパーツだと、女の子たちの頑張りも虚しい結果になることはあります。

 

女性たちが自分ではシェービングをやりにくいパーツというのは、大体相場が決まっています。ヒップにOライン、それに腰に襟足と広い背中のパーツです。

 

この女子たちを悩ませるパーツのムダ毛処理に関しましては、サロン来店時にお手入れの当日に、エステティックがシェービングを施してくれるので安心ができます。この際にエステサロン側から、スタッフが処理をしたということで、有料扱いでの代金を請求されることはないです。

 

サロンで脱毛予約当日にシェービングをしてもらうためには、電池式のフェイス用小型シェーバーを持参するのが条件になります。ムダ毛を自宅で自分で処理をする時に何を使うかは自由ですが、大半はT字の使い捨てのできるカミソリか、電池式の小さなフェイスシェイバーです。エステサロンへ持参をするのは、使い捨てのできるカミソリではなく、体用に市販されている大きなシェーバーでもありません。

 

家電量販店でも販売をしている、お値段も購入がしやすい、電池式フェイス電気シェーバーを持参することで、スタッフも対応をしてくれます。できる限り自分で脱毛をするパーツは、自宅でシェービングをする努力をしましょう。多くのエステサロンでは、スタッフの有料によるシェービングが用意はされていますが、毎回有料でシェービング費用を支払うのは、契約をして脱毛料金を支払っているのに、なんとなく損をした気分になるものです。

 

でも最初からこのサロンのように、有料でのシェービングがないとわかっていたほうが、追加費用を払う心配もないので、気分的には軽くなります。全くお手伝いしてくれないわけではなく、ほかのエステサロンではあまりないような、お客さんが手の届きにくい場所は、電気シェーバーさえ本人用を持っていくことで処理をしてくれるのですから、エステとしてもかなり良心的なサロンであると言えます。

 

電池式の小型フェイス用電気シェーバーは、近くの家電量販店の美容家電コーナーで販売をしています。インターネットショップなどでも販売をしていますし、だいたい3千円位で販売しているため、1つ購入をしておくと脱毛にエステは通う間はずっと使うことができるために、持っていて損はありません。電池さえ入れ替えれば半永久的に使用はできますし、使い込んだとしても替えのシェーバーの刃を交換すれば、本体の買い替えよりも安く済みます。

 

サロンで脱毛前に自己処理が必要なワケ

 

なぜエステサロンでの脱毛のお手入れをするのに、前の日までに女性たちは自分でムダ毛を処理しておかねばならないかというと、体毛が伸びたままですと、光の照射で皮膚にやけどを生じる可能性があるためです。エステサロンで採用をしている脱毛機器は安全性が確認をされていますので、正しい使用方法を守ることで問題なく脱毛をすることができます。やけどをするリスクが出てくるのは、肌の状態や毛の状態が条件に合わないようなときです。

 

エステ脱毛機器から放たれる特殊な光が狙うのは、毛穴の奥にある体毛を成長させる組織が持つメラニンです。メラニンはブラックカラーが特徴であり、表皮への悪さはしないエステ機器の光は、そのメラニンのブラックカラーのみに反応をするようにできています。そして高性能であるはずのエステ機器からの光は、長い体毛のままだと毛の長い部分にも反応をするために、それが皮膚へのやけどを起こさせる要因となってしまうのです。

 

表皮からは体毛は伸びていないような状態にするためには、体毛はサロン脱毛予約の前の日までにシェービングをしておく必要はあるわけです。ここでムダ毛を短くすることにスポットを当てますが、毛の根元は残す必要があることも、ムダ毛処理を行うにあたり知っておきましょう。

 

エステ脱毛機器から施術で放つ光は、根元のブラックカラーの組織に反応をしますので、その根元の黒いカラーがなくなっては、反応をする対象が消えてしまう事になります。

 

ムダ毛をエステ予約の前の日までに終わらせるために、やってはいけないムダ毛の対処もあります。そのNGな前日までの体毛処理というのは、体毛を根元から引き抜いてしまうような行為です。ワックスを使い一気に抜いたり、毛抜きで抜くのもよくはないですし、その場合はサロンへ電話をして正直に話しましょう。

 

自宅ではカミソリ処理などをしますが、安全性を考えますと電池式フェイス用シェーバーが向いています。

 


関連ページ

銀座カラーでの施術を受けての脱毛効果
銀座カラーで施術を受けてみると、どのくらいムダ毛が生えてこなくなるの?ここでは、銀座カラーの脱毛施術後の脱毛効果はどのくらい凄いのかについて解説しています。
銀座カラーでのエステ脱毛とお手入れの回数
銀座カラーでは、脱毛の施術にはどれくらい通うの?ここでは、銀座カラーの脱毛の契約をして、施術開始からどれくらい通うと良いのかなど、お手入れの回数について解説しています。
銀座カラーと新しい脱毛機とスムーズな脱毛
銀座カラーで導入された新しい脱毛器って凄いって評判だけど、どうなの?ここでは、その新しい脱毛器の脱毛施術のスムーズさや凄いところなどをわかりやすく解説しています。